風喜人(ふうきじん) 風墨書家

1961年 群馬県出身。幼少より書に親しむ。
青年期、インドネシアの医療も水道もない小島で1年以上生活し、自然の雄大さ、美しさ、牙を知り、原住民のエネルギーや温もり、いたみに触れる。またイタリアでは古き文化に触れ、感動を魂に刻む。
帰国後、愛車ハーレーと共に文房四宝一式を携え、日本の古き時代の名残を探訪。渓流の清らかな水を使用し、時の流れを感じながら筆の流れるまま魂の表現を続け現在に至る。
・08年 初個展(以降毎年開催)
・09、11年「天墨之書〜現代精鋭書聖家展」出展(奈良) ※優秀賞受賞
・09〜14年「清水寺 古と優艶の書画展」出展(京都)
・14年 個展「かよひ路」開催(奈良・高崎)
・15年 個展「玉響」開催(邑楽郡)
その他、群馬銀行ロビー展、群馬県庁表装展、ハワイやエジプトなど県内および国内外の美術展等に出展。

HP http://fukijin.com